女性ホルモン 減る

女性ホルモンが減ると・・・

一つ前では女性ホルモンが増えるとどうなるか、というお話をしましたが、今回は逆に女性ホルモンが減ってしまうとどうなるかについてお話していこうと思います。

簡単におさらいですが、女性の体の中で女性ホルモンが増えると、エストロゲンの場合分泌が過剰になることで子宮体がんや乳がんの発症確立がアップしてしまいます。

プロゲステロンの場合は皮脂の分泌を過剰にする働きがありますので、増えることで皮脂量がアップしにきびなど肌トラブルが多くなってしまいます。

そして今度は女性ホルモンが減ってしまうとどうなるか、ですが、減ることで一番多く起こるのは『生理不順』です。

女性ホルモンは女性の体では妊娠・出産のために体を作る働きをしているので、量が減少することで排卵が起こりにくくなったり起こるタイミングが不順になったりしてしまいます。

他にも女性ホルモンは自律神経と深い関係がありますので、量が減少すると自律神経失調症の症状に多いほてりや発汗、精神の不安定などの症状も出ることがあります。

それからバストにハリがなくなったり、女性らしい身体つきや女性らしさが薄れてきます。つまり女性の場合は女性の魅力が減少していくという感じです。

ちなみに男性の場合、女性ホルモンの量が減ってしまうと男性のホルモンの影響が強くなり、筋肉の増強や皮脂の分泌の増加、性欲の増強などが起こります。

男性だろうが女性だろうがホルモンは分泌量のバランスが大事なので、少なすぎても多すぎてもいけない、という事です。

ホルモンに関して意識するならば偏りすぎないよう、バランスを考えて生活を行うようにするといいでしょう。

→女性ホルモンの減少を防止したい!



TOP PAGE